どこまで注文するべき?デザイナーズ注文住宅のルールとは

デザイナーズ注文住宅は、大手住宅メーカーや工務店などよりも自由な建築が可能です。工法を選ぶことができ、材料やメーカー指定も可能です。さらにデザイナーズ注文住宅は、デザイナー側からの新しい提案を期待できることも魅力です。今までにない、まったく新しい発想の元で建てる住宅は、世界に一つしかないものになります。デザイナーズ注文住宅での制約は、建築法規に関することと、予算に関することが主になります。日本では住宅を建てる場合、建築基準法の規定を遵守しなければなりません。顧客の要望が建築基準法に違反す場合は、その要望は実現できません。また、注文住宅は予算の制限があります。いくら良い家を設計しても、予定していた予算を超えてしまったら実現できないことになります。

デザイナーズ注文住宅で積極的に注文した方が良いこと

デザイナーズ注文住宅では、決められたルールはありません。顧客の要望を何でも注文できるのが魅力ですが、逆に、何も注文しないといつまでたっても住宅はできません。大手住宅メーカーのように標準的なタイプが用意されているわけではないからです。実は、どんな住宅を建てたいかをイメージするのが、住宅を建てる場合に一番難しいところでもあります。要望は無理に形にする必要はありません。気に入った作品例を探してくる必要も無く、新しく建てる住宅でこういう生活がしたいという、生活スタイルが話せれば十分です。形をつくるのはあくまで専門化の役目です。顧客はそこで暮らすことになる生活の方が大切なはずです。具体的になりすぎず、かつ、明確な方針をことばで示すことが大切です。何も方針がない場合は正直に話して、方針を引き出してもらうことから始める必要があります。

デザイナーズ注文住宅でなるべく注文しない方が良いこと

多くのことが自由にできるデザイナーズ注文住宅ですが、なるべく注文しないほうが良いものもあります。住宅資金の調達に関することは、個人的事情もあることなので、自分で解決すべきものです。どの金融機関の融資が良いかなどの質問は、しない方が無難です。デザイナーが特定の施工者と提携している場合は、その住宅の施工は提携業者が行う前提なので、施工者を変えてほしいという注文はすべきではありません。材料に関して注文は自由ですが、デザイナーが特に薦める材料は使った方が無難です。デザイナーズ注文住宅は顧客の利益を第一に考えて造られます。健康に良い無垢材の使用を薦められた場合は、受け入れた方が健康的に暮らせます。地震に影響する構造に関しても、専門家に任せたほうが無難です。