マイホームを持つなら他の人と同じではないデザインにしたいときや、自分だけのオリジナルの一戸建てが欲しいときには、デザイン性が高いデザイナーズ注文住宅がぴったりです。自分たちの理想を詰め込むことができ、個性的な仕上がりになります。日本の住宅である程度の協調性を持ち合わせることは大切ですが、個性が無い住宅が多いです。ですが、デザイナーズ注文住宅は個性を発揮しながらより住みやすい環境を整え、アートな部分も楽しむことが出来るのです。売り出している物件の中にはデザインばかりを重視して住みやすさを考えていなかったり、偏りがあるデザインになっているものもあります。実際に購入するときには幾つかのポイントを注意して、個性的でも住みやすい住宅を選ぶようにします。

デザインばかりを重視しないこと

デザイナーズ住宅ですからデザインを重視するのは当たり前ですが、デザインに凝ってしまうと思わぬトラブルが起こることがあります。物件の一部分を丸くしたりすると、無駄な空間が出来てしまうことがあります。特に首都圏など土地が狭い場所ではさらに狭くなってしまい、空間の無駄遣いになります。ある程度分かっていて設計者が採用していますですが、居み始めると後悔することが多いです。後悔してから建て替えることはほぼ不可能なので、デザインばかりを気にすることは避けるようにします。広いリビングや開放感のあるリビングに憧れる人は多いですが、熱効率の面では大きなリスクがあります。エアコンの使用量が増えてしまうだけでなく、全体的に電力の無駄遣いになります。家計の負担は生活を圧迫することになり、後で困ることがあります。

建築家との相性が大切なポイント

既に建てられているデザイナーズ注文住宅の物件を買うときには、設計者と打合せすることは無いです。あらかじめ決められたデザインの住宅を購入するだけで、自分の意見は反映されないです。しかしデザイナーズ注文住宅を使って建てるときには、デザイナーや設計者と何度も打ち合わせしながら進めていきます。建築家の中にはこだわりがある人や個性的な人も居ますが、良い建築家は自分の意見を押し付けることはないです。良い建築家は依頼人の意見や希望を聞いて、様々な案を出してくれます。特徴だけでなく、メリットやデメリットについてもきちんと説明してくれます。注意したいのは打ち合わせの途中で意見が曲げられていたり、建築家の意見ばかりが採用されているときです。何度も打合せを重ねるうちに、自分の意見や希望とは違うのになっているケースがあります。建築家を選ぶときにはしっかり話し合いを行い、自分たちの意見を反映してくれる人を選びます。また細かい説明や根拠についても、詳しく教えてくれるような人に依頼することが大切です。