デザイナーズ注文住宅を実際の写真と共にご紹介

住宅にはさまざまな種類があります。最近の住宅は、平凡で安い物がある一方で、デザイナーズ住宅のように個性的な住宅が増えているのも印象的です。デザイナーズ住宅は、普通は注文住宅としてしか建てません。注文住宅とは、施主の方で設計をしてお気に入りの住宅にすることができる建築方法になります。この方法だと、自分の好きなように建てることができるため、理想通りの住宅を建築することが可能になるのです。ですが、建売住宅ではこのようなことはできません。なぜでしょうか。建売住宅は万人受けをする住宅しか造らないからです。誰が買うか分からないからですね。そういった理由により、デザイナーズ住宅は注文住宅でしか受け付けていません。建築する時は、写真とともに紹介する建物を参考にした方がいいでしょう。

他の家を参考にした方がいい理由とは

デザイナーズ住宅を注文住宅で建てる時は、ある意味挑戦になります。個性的な住宅を建てるのは、他に余り類を見ないことなので、挑戦なのです。たとえば、奇抜な服で出かけたことがない人が奇抜な服で出かけるようなもので、周りからはよく見られることもありますが、逆に奇をてらいすぎて変な見方をされることがあるのと一緒になります。このように、挑戦の意味が含まれているデザイナーズ住宅を建築する場合には、何かを参考にしたほうがいいでしょう。その一つはモデルハウスです。全国規模のハウスメーカーや全国規模の工務店などは、モデルハウスを所有しているため、参考にすることができます。その工務店やハウスメーカーが何を得意としているかについてよく分かるのです。もちろん、写真を見るだけでもイメージが膨らみます。

最終的なデザインは自分の責任で

いくら、写真を見たり、モデルハウスを参考にしたとしても、全く同じ家を造ることができないことが多いです。なぜなら、面積も違えば、法律が異なる場合があり、例えば梁が外に出ている形の家は、法律で禁止されている場合もあります。そのような条件があるため、結局は参考にするだけで、最終的には自分の責任で住宅を建てなければなりません。デザイナーズ住宅を建築する時は、デザインばかりに目が行ってしまいがちですが、長年にわたって住みやすいかどうかで判断をしたらいいでしょう。非常に個性的な住宅を造ったけども、実際に住んでみると、余り住みやすくなかった場合だと後悔をしてしまう可能性もあります。そういう意味からは、できるだけ先の予測も立てて、10年先、20年先を考えましょう。